Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

白菜と豚肉のアリオリ

いつもパスタはトマトソースか、そのときどきの食材を使ってのアーリオオーリオ。今日は夕食にパスタが食べたかったので残っていた白菜と豚肉を使って。

アーリオオーリオの王道でいきます。
オリーヴオイルをゆっくり温めてにんにくを炒める。にんにくは今日はほくほくが食べたかったのでくし切り。
そこに豚肉を入れて炒める。このタイミングでパスタを茹ではじめます。パスタの茹で湯で味付けするつもりなので心もち多めに塩を入れます。
先に白菜の芯の部分を入れ、炒める。タイミングを見はからいつつ、葉の部分もいってらっしゃい。

パスタの茹で湯をフライパンに入れます。今日はおたまに2杯くらい。
この時点で鷹の爪を入れるのを忘れてたので投入。本来なら最初ににんにくと炒める。
こしょうを軽く挽きます。私は白黒半々のブレンドですが、どちらかなら黒がいいかと。

アルデンテの半歩手前でざるに空け、フライパンへ。強火にしてソースとからめます。このへんは秒単位の勝負。できあがり。

20051021.jpg
藍染のランチョンマットは高校時代の作品。

パスタのコツはやっぱりソースを作るタイムラインと、パスタの茹で時間をあわせるタイミングじゃないでしょうか。
パスタの茹で加減は、菜ばしなどで触った感触加減を把握しつつ、勝負どころに入ったらこまめに麺を一本とってチェック。これをやれば自分好みのアルデンテを逃すことはないです。

  • Posted at 21:19 on Oct 21, 2005
  • | 2 Comments

2 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • HAL says:

    こんにちは。
    白菜を使ったことはないですね。
    ベーコンかソーセージっていう凝り固まったとこもあるし。(笑)
    水菜をいただいたので豚肉と合わせて作ってもいいですね。
    私、自分で作って自画自賛致します。
    妙なとこで共通点を見出しました。(笑)

  • nori says:

    おっ 水菜もいいですね?
    イタリアンって基本的になんでもOKですよね。
    僕は即興料理が得意です。
    冷蔵庫の中を眺めて食材を確認するとパッと料理が浮かびます。
    主夫に向いてるんでしょうか(笑)
    「俺って天才かもしれないな」とか思いながら食べてます。

    自分の料理を食べてくれる相手がいたら
    また楽しいだろうな、と思う今日この頃です。