Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

「ぷらら」でメール送信不可現象

一応報告しておきます。
プロヴァイダが「ぷらら」で、ここ数日でメール送信が出来ない現象が起きている方はご参考に。

ぷららが行った設定変更によるものでした。
サブミッションポート(port587)とSMTP AUTH

ここ2日悩みに悩みました。メールソフトBecky!をVer.UPしたり。結局2ちゃんねるを徘徊してぷららスレッドにて解決。
私の場合は、メールソフトの各メールボックスのSMTPポートを上記の「587」に設定することで解決できたようです。

ところでぷららにはちょっと言いたい。

だいたい今回の件は、結果生じることの大きさ(メール送信不可)にすると告知が貧弱だったのではないでしょうか。
普段どおりの「ぷららからのお知らせ」で数ある中のひとつの「お知らせ」扱いというのは。確かにこの定期メールマガジンを読まなかった責任は私にはありますが(そう、確かに)。

でも設定しなおさないとメール送信できなくなるという今回の場合は「重要」などのフラッグをつけて欲しかった。
こんな体裁で送られても重要性はなかなか私には伝わってこない。(○のところが今回の件の告知。)

絵に描いたような冗長な文章。
有料サーヴィスなのに邪魔に入れる広告文。
本メールの目次が一目で入らない(千歩譲って平均的ワンスクロール目にも入らない)位置。
問合せ先など文末に載せればいいものを頭に。

そして重要なお知らせがあるのに件名はいつもどおりの「ぷららからのお知らせ(7/19) ~Information from Plala」。
やはりワンポイント・フォーカスのメールを送ってほしい、こういう種類のお知らせには。
また生じる弊害の大きさから、公式サイトに大きくクローズアップするくらいの告知はほしい。
ユーザ側は「メール送信できない」という現象により調べるわけで、

「Outbound Port 25 Blocking適用拡大を開始しました。[7.26up]」

なんて書いてあっても無意味。

ちなみに上記のぷららのお知らせは普段読んでいません。読まないほうが悪いのは確かだけど、ここまで読みにくい有料会員向けメールもない。(独断ですが普段はろくな情報もない。)
これだけスパムを始めとするジャンクメールがあふれる今日、企業の配信メールは分かりやすさが命です。
せめて件名でのフラッグ付け、文章のスリム化、文頭での目次の明示。このあたりは基本とするべきではないでしょうか。

  • Posted at 00:58 on Jul 29, 2006
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。