Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Ar tonelico

g20061217.jpg
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 PlayStation 2 the Best

アルトネリコ。とりあえずクリアしたので感想でも。


私の総評は、「おもしろい要素をはらんではいるが、結論としては微妙。」

ヒロインへのダイブシステム、そこで繰り広げられる精神世界など、「へぇ」とうならせるものはあるのですが、全体の「ゲーム、一RPG」として見たときにうまく機能していなかったり。

なにより問題はシナリオ(ストーリー)。
とにかく主人公のいい加減さに呆れる。話が進むにつれ、そのいい加減さが「信念」にすりかえられてしまうのでイラついてくることも度々。
またストーリー分岐が存在しますが、そのたびに片方のヒロインをある意味捨てることになるので後味の悪さを抱えたまま進んでいくことになります。これが自分には正直しんどかった…。
捨てるつもりなんてまったくないのに、捨てざるを得ない。エンディングでもどちらかを捨てる選択を求められ、そこには開発陣への疑問符が大きく点灯します。聖剣伝説などでの“しんみり”エンディングなら涙モノなのですが、「アルトネリコ」は“後味が悪い”。笑えないし、泣けもしない。
ゲームとして伝えたいメッセージがあるだけに、それをぶち壊してしまっているのが悔やまれます。

個人の好みだと思うのですが、私はRPGにおける、「引き返せないストーリー分岐」が大変苦手です。たとえばドラクエ5でも結婚相手を選ぶ分岐がありましたがあれすらちょっといやだった。
私がFFをどうも(ゲームとして)心から好きになれない理由のひとつに「引き返せないつらさ」があります。FFではたびたび世界崩壊などのストーリー進行があり、そこを過ぎると(つまり終盤になると)以前の世界に行けなくなったり、ある街に行けなくなったりします。ひどいとできることがラスボス撃破しかなくなってしまう。それでメインセーブファイルにセーブしてしまった日には…。orz
要するに、私はゲームに「引き返せない一線のストーリー進行・プレイヤーの選択による引き返せない分岐」があるとがっかりしてしまうタイプなので、その点「アルトネリコ」のストーリーは残念。
RPGってそもそも自由に楽しむ、世界中を縦横無尽に旅する、それが醍醐味なわけで、プレイを限定してしまう作りに違和感を覚えます。作者の思いどおりに進めたいなら、映像作品にでもしてくれ、と言いたくなってしまう。

アルトネリコ、おもしろかったのは「グラスメルク」と呼ばれるアイテム調合システム。これはハマる。「アトリエ」シリーズを踏襲したこのうまさはさすがだな、と。

ちなみに金稼ぎ、ならびに「クラスSの結晶」多量確保には穴があります。
金稼ぎでは、あるアイテムが店で売られている安い素材でグラスメルクすることにより、原価以上で売れるので、時間をかければいくらでも稼げます。原価以上で売れるアイテムはほとんどないので貴重です。
またなにかと入用になるクラスSの結晶は、ある「クラスAのアイテム」の再結晶化で生産できます。肝は「イオン板」。このゲームで一番偉大なアイテムって「イオン板」じゃなかろうか。お金がないときはイオン板狩りしてください。(笑) 鷹系の敵が持ってます。

そこでもうひとつ問題になるのが戦闘システム。いいアイテムをもらうには、前衛と後衛(ヒロイン)が両方活躍する必要がある。しかし強くなればなるほど前衛があっという間に敵を倒してしまうのでヒロインの活躍する機会がまったくなくなってしまう。結果、いいアイテムが手に入らない。
解決方法はひとつ、前衛陣をすべて素っ裸にする。(武器を外し、攻撃に影響する結晶も外す。)そこまで手加減しないとうまく事は運びません。この域にくると「なんだかな」感が出てくるのもまた事実。
戦闘システム、前衛が弱いうちは本当に楽しいんですけどね。いろんな魔法を変えつつ唱えて。
やはり戦闘を楽しむためには、Amazonのレヴューでもあったように、敵もレヴェルアップして強くなるシステムが一番向いているのかもしれません。そこにいくとロマサガは偉大だなと感服。

とりあえず総評は、「微妙」で。
おもしろい要素はいろいろあってもうまくかみ合っていないところがありもったいない。
加えてキャラクタの設定をもうちょっと深くするといいと思います。ヒロインはこれはこれでいいと思うので、とにかく主人公をどうにか。これだとドラクエだったら速攻で酒場送りです。
アイテム調合・ヒロインへのダイブなど寄り道しなければストーリー自体はさくさく進んでいくのであまり時間はかからないかと。
それからタイトルは「世界の終わり」じゃなくて「世界の果て」のほうがいいのではないでしょうか。ストーリーとしても。

うーん、もったいないなー。でもおもしろいことはおもしろかったです。ヒロインの絵(コス含む)も好きだし。
なにしろ全クリしたのって何年ぶり? というくらいなので、見事クリアさせたアルトネリコには賛辞を。
安いベスト版が出たそうなので、余裕のある方は遊んでみてください。

一応私はダイブなどもオールクリアしましたが、なにしろ分岐が存在するので攻略本でも買ってもう一度そこからやってみようかと思ってます。
でもやっぱりこの分岐はかわいそうだよ。ほんと正直な話。

  • Posted at 02:17 on Dec 17, 2006
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。