Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

深い河の流れに…

宇多田ヒカルの2002年に発表された3rdアルバム、 “Deep River” 。
1stから3rdまで聴いたけれど、この一枚はちょっと他にはないオーラがあります。
正直、恐ろしいくらいに完成度が高い。この時期の彼女になにがあったんだ。(ちなみに “Deep River” リリース3ヵ月後の2002年9月に結婚。)

楽曲のよさもさることながら、とにかく詞がいい。本当に “読ませる” 、素晴らしい歌詞。
これを聴くと、やはり宇多田ヒカルは日本人アーティストでは一線を画していると感じる。

いくつかお気に入りの歌詞を紹介。

いくつもの河を流れ
わけも聞かずに
与えられた名前とともに
全てを受け入れるなんて
しなくていいよ
私たちの痛みが今 飛び立った
( “Deep River” )

今日話した年上の人は
ひとりでも大丈夫だと言う
いぶかしげな私はまだ考えている途中
( “Letters” )

見渡す限り広がる
嘘の咲かない草原を
夢の中で見たことがある
そこで君を待ってる

感動的に終わるストーリー 始まりは
あの日君が言った I love you
待ちきれないよ 後半スタート
( “嘘みたいな I Love You” )

途切れないように Keep it going, baby
同じ気持ちじゃないなら tell me
無理はしない主義でも
少しならしてみてもいいよ
( “FINAL DISTANCE” )

“FINAL DISTANCE” は宇多田ヒカルで一番好きな曲。( “DISTANCE” より “FINAL DISTANCE” 派)

ブックレットに至っても一貫して「光と影」が表現されています。暗い河の流れに、月明かりがちらちらと反射しているような、そんなひととき。
可能な限り良いオーディオ環境でじっくり聴きたい一枚です。

ヒッキー、あなたはすごいよ、ほんとに。まじで。

g20070202_1.jpg
宇多田ヒカル “DEEP RIVER”

  • Posted at 06:47 on Feb 02, 2007
  • | 2 Comments

2 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • yuko says:

    あのアルバムいいよね。”嘘みたいな…”はサウンドもかっこよくて特に好きだったから
    ボーカルスクールで課題曲にしたよ。
    歌詞に注目するnoriくんならスガシカオも聞いてるかな?
    Thank youが入ってるアルバム、冒頭からしびれます。
    TIMEも良かったよ。

  • “嘘みたいな…”はかっこいいね!
    でも歌うとしたら難しいでしょう、高低が目まぐるしいもんね。
    僕はバックヴォーカルの”ah, ah, I love you…”がやけに好きです。

    スガシカオ、聴いてます。(笑) 好きです。かっこいいよなぁ。
    でも1stから順番にしっかり聴こうと思って、まだ1st(”Clover”)しか持ってないんだ。
    “Clover”では「黄金の月」が一番好きです。
    “Thank you”が入っているのは”Smile”だっけ?
    がんばってあつめよーー。