Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Apple Wireless Keyboard

MacBookをリッドクローズドモードで使うためにキーボードを購入。Mighty MouseとあわせてこちらもWirelessで。
リッドクローズドモードについてはまた別に記事を書きます。

まずは大きさ。
Apple Wireless Keyboardの大きさ
ワイヤレスタイプの場合、テンキーがないので幅もMacBookより短いです。奥行きはMighty Mouseより少し長い程度。
点いてないときは気づかないのですが、右上のところに(イジェクトキーの上)パワーインジケーターのLED(緑色)が隠れています。
使うまで勘違いしていたのですが、電源がONになっているあいだ光っているわけではないです。電源をONにした時の2~3秒と、電源を落とすときに判別するためのものです。
(電源をONにするには一回押すだけでいいですが、OFFにするときは3秒くらい押しっぱなしで。LEDが消えたらOFFになってます。)

お約束のキー配列はこちらの写真をどうぞ。Apple Wireless Keyboardのキー配列
なにはともあれ林檎マークが消えたのは悲しいですね><。 “Apple Keyboard” じゃない!

このUS版はCapsLockキーの遅延が一部で問題になっています。打ち間違いによるCapsLockが効いていしまうのを配慮してなのかそのあたりは不明ですが、スパァーンと打っただけでは働きません。ワンクッション置いて機能します。CapsLockキーとしてそのまま使うならそれで問題はないのですが、キーボードをヘヴィに使うユーザ(プログラマやショートカットを多用するデザイナー等)はCapsLockキーをControlキーと機能を入れ換えることが多いので問題になっているようです。(MacBook搭載のキーボードではこのような遅延はありません。)
なぜ入れ換えるかというとそのほうが合理的なタイピングができるからです。評価の高いHappy Hacking KeyboardもControlキーがShiftキーの上に配置されています。これと配置を同じようにしようとするとこのCapsLockキー遅延問題が生じるのでそのあたりは事前に注意されてください。
Appleもこの点は公式に認めていないので真相はどうなんでしょうか。そういうヘヴィユーザはApple Keyboardなんて使わないということなのかな? まぁそれも分かる気もするけれど。

あと今回個人的に生じたのがBluetooth不具合の初期不良。
購入後、MacBookにつなげてみると、正常に認識・登録できたものの、数分経つと頻繁に接続が切れる状態に。つながっては切れ、つながっては切れと使い物にならない。(「接続が切れました」と連続して表示される。パワーインジケーターのLEDが点いたり消えたりし、消えるたびに接続が切れたとの表示。)
ネットで検索してみるものの、それらしい不具合は見つからない。2chのApple Keyboardスレッドにてそれらしい人が何人かいたのでいることはいるらしい。

翌日、購入したヨドバシカメラへ電話、店頭へ持っていくことに。
そして店頭のMacにて接続、現象再現。やったーーー!(不具合が再現されないと認められない可能性ありの為。)
その場で新品交換。

新しいのをつなげてみると見事異常なし! 本来の使い心地に触れ、「ああ、これが本来あるべき姿なのね…」と感激(笑)。
というわけで、頻繁にBluetoothが切れる現象が起きている方は不具合の可能性あり、です。

そりゃあApple製品だから買うたびに不具合は覚悟してるけど、実際に当たるとかなりヘコみますね。
母は「普通は当たらないんだから逆に喜べるじゃない」だって。それなんてポジティヴ?

電池を入れるためのTips。左側のふたをコインなどで回して電池を入れますが、傷がつくのが嫌な方はコインは使わないほうがいいです。あっさり溝の部分が剥げます。
幸い初期不良となった最初の段階で気づいたので、新しいのからは木製の柔らかい材質のものにしました(アイスクリームについてくる木製のへらみたいなスプーンを利用)。

肝心の打ち心地はなかなかいいです。その形からガタつくかなぁと心配したのですがそれもなし。けっこう安定感はあります。Wireless Mighty Mouseとあわせて、リッドクローズドモードには最良のパートナーではないでしょうか。
見た目も杏仁豆腐が並んでるみたいでいいです。かわいいです。
一番うれしかったのがタイピング音が静かなので夜中でも使えること。音の出るやつは気合入れてコーディングしてると就寝中の家族に迷惑になっちゃうんだよね。そのためにWindowsマシンにも昼間限定・メカニカルな「本気用」とナイトライフ向けのメンブレンな「夜用」を用意して使い分けてるくらい。
でもいつかさっき書いたHappy Hacking Keyboardを手にするのが夢だったり。これの「墨・無刻印」モデルが欲しい。24,000YENなり。

  • Posted at 23:01 on Feb 10, 2008
  • | 1 Comment

1 Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • MacBookをリッドクローズドモードで!…

    MacBookのディスプレイがはっきり言って使い物にならないので家ではリッドクローズドモードで使おうと決めたのが先月。
    いろいろ試した結果ようやく環境が整いました。

    「リッドクロ….