Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

HASYMO “HAS/YMO”

HASYMO LIVE

HASYMO LIVE
Human Audio Sponge Yellow Magic Orchestra.
HASYMO.

去年5月に横浜で行なわれた一夜限りの素敵なコンサートがDVDになりました。(コンサートのときのブログ記事。)
HASYMO “HAS/YMO” 。

コンサートが始まる前に、録画する旨のアナウンスがあったので一緒に行った友人と「もしかしてDVD!? DVDなの!?」と盛り上がってましたがほんとになっちゃった。もう光の速さで予約。客席で映るかな? と思ってたけど映ってなかったです(笑)。

改めてじっくりと観ていて思わず笑顔になってしまう、それがすべてを物語っていますが、とても幸せなライヴです。
ライヴが始まって、

See how the world goes round
You’ve got to help yourself
(- “You’ve got to help yourself / 以心電信” )

が会場に鳴り響いた瞬間の感動といったら!
「うわああぁぁあああ…」っていう感じですよ、ほんとに。言葉にならない満たされ方ってあると思うんだけど、まさにそれ。このときなんだか、生きていてよかったと思いましたね。
僕自身こういう「うわああぁぁあああ…」っていう感動をいつか誰かに与えることができたら、と願っています。作品を創り出す人として、それはひとつの目標地点。

今回のライヴでは冒頭の以心電信をはじめ “Riot in Lagos”(かっこよすぎ)、”Rydeen 79/07″、”Cue” など懐かしい楽曲も演奏されました。その中でも一番象徴的に感じたのが、”Ongaku”。なんだか今の3人にとても似合ってると思うのですよ。

ぼくは地図帳拡げて / オンガク
きみはピアノに登って / オンガク
ハハ / 待ってる / 一緒に / 歌う時
(- “Ongaku” )

教授が当時3歳の美雨ちんに書いた曲として知られていますが、オンガクの喜びをすごく表してる素敵な曲。

またこのDVDは2枚組みで、もう一枚はライヴ後にNHKで放送された「プレミアム10」が完全収録! これはうれしい。番組の途中で気がついて即テープに録画したんだけど、こうやってしっかり観れることに感謝。NHKグッジョブ! 今回のライヴの撮影はNHKが担当したみたいですね。
番組中のキャプションもあえて昔と同じ書体をそのまま使用しててその演出もにくいです。
聞き手はリリー・フランキーさん。リリーさんも言っていたけれどYMOを聴いて育った自分としても、とりあえず最後はギャグで落としてしまえっていうのはすごいあると思う。
むっちゃかっこよく仕上げたところでドンガラガッシャーン! みたいな。落とさないと気がすまないっていう。
前述のプレミアム10の中でもチラッと出てきたのがこれ。NHKで2001年に放送されたYellow Magic Show。生演奏に震えます。

Yellow Magic Show – Rydeen (URL

「あ、それ、それぼくの曲…」っていうユキヒロさんのキャラが昔と変わらずでいいですね。

とにかくDVDを観て思ったのは、早く歳とりたい、ということ。これに尽きる。早く50代になりたい。もう日々生きていてほんとに自分が嫌になる(笑)。「若い自分」に本当にイライラする。坂本さんもYMO時代を振り返ってあの頃の自分が一番嫌、と言っていたけどまさにそれだと思う、今の自分の位置。早く楽になりたい、というかこのもがきの連続の日々を抜け出したい。傷つきやすさと焦り。もう十分、おなかいっぱい。
そういう意味でもこれは励みになる作品になりそうです。
20~40歳代は早送りしたいですが、このライヴは早送りするところないです。おすすめ。

HASYMO LIVE DVD
HASYMO “HAS/YMO”

Amazonのレヴューでは音ズレの問題が話題に挙がっていますね。たしかにあります。観ていたときも「これって録音/録画の関係でしょうがなかったのかなぁ。でも編集できるはずだよねぇ。もしかして演奏中はズレを読んでやってたのかな?」と思っていましたが。教授のキータッチやユキヒロさんのタップで分かりやすいです。
それにしてもレヴューとクレームを混同してないか。製品自体の要望を小売店(Amazon.co.jp)に言ってもしょうがないでしょう。不具合報告はレヴューに含まれるけれど、交換してほしいとかのクレームや要望はレーベルであるcommmonsに言うべきじゃないですか、と思うんだけど。

とにかく今一番かっこいい人たち3人組には違いありません。幸せな音楽をたくさんありがとう。

Human Audio Sponge Yellow Magic Orchestra.
HAppy SYnchronized MOment.
HASYMO.

関連エントリー
歳をとる≠老化
28年物RYDEEN
走ることについて語るときに僕の語ること ←村上春樹さんも年をとったことが大きかったようですよ。

  • Posted at 03:01 on Mar 24, 2008
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。