Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

SakuraFlakes2008

Sakura Flakes
毎年、これを撮りながらいろんなことを考えます。

儚いから尊い? 尊いから儚い?
それとも儚くなくとも尊いものはあるんだろうか。あるといい。

Sakura Flakes
地元の公園にて。

水上に舞い散る夢
水上に舞い散る夢。

また来年
昨日の春の嵐らしい激しい雨風でほとんど散りました。
また来年会おうね。

  • Posted at 17:08 on Apr 09, 2008
  • | 5 Comments

5 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • HAL says:

    一枚目の画像を見て、noriさんの問いかけに
    うーむ。と考えてみたものの、気の利いた言葉も見つからず。(笑
    人間が生きているということ自体が儚いものですね。
    だから今を大事にしていかねばですね。
    桜も咲ききって絶えます。でも、その命が来年へと繋がります。

    昔、フォークの神様と呼ばれた岡林信康の歌に

    がいこつがまじめな顔してこう言った
    どうせみんなくたばって
    おいらみたいになっちまうんだから
    せめて命のあるあいだ
    つまらぬことにウロウロしないで
    大事に大事に使っておくれよ
    一度しかない オマハンの命

    というのがありました。当時の音楽の女先生が
    教科書を全くやらず、自分でコピーしたフォークソングを
    教材にしての授業です。反戦歌が多かったですね。
    まだ若き頭はいやおうなしに刷り込まれていく訳です。
    その中でも岡林さんの歌はインパクトがありました。

    人生の色んなシーンで、この歌がリピートされる訳です。
    特に人間関係で悩んだりするとね。

    と、何のオチもなく、帰ります・・・(笑

  • >>HALさん
    そうですね。
    考えてみれば料理だってそうですよね。儚い。(笑)
    でもそれは命になるわけで。

    岡林信康さんは知りませんでした。
    フォークいいですよね。
    ガロの「学生街の喫茶店」とかかなり好きです。
    吉田さんの「結婚しようよ」の「僕の髪が/肩まで伸びて」の歌詞を聴いた時、なんていい時代だったんだ…!と打ち震えました(笑)

    YouTubeにもけっこうあるんですねー。
    ガロ「学生街の喫茶店」



    吉田拓郎「結婚しようよ」



    細野晴臣「恋は桃色」


    岡林さんの「がいこつの歌」はありませんでした… 残念っ。
    今度チェックしてみます。
    その授業もうけてみたかったです。
    90年代っ子の自分としては激しく60~70年代が恋しいです。
    あの時代は人類の宝です。

  • ma2mo10 says:

    初コメです(*^_^*)

    写真を見て思ったこと

    「桜って最後まで優しいんですね」

    微笑みながら眠りにつくように映りました
    また眼が醒める時まで

    ichijoさんの撮った写真からは
    どこまでも優しい微笑みが伝わってくるようでした
    また桜が好きになりました

    ありがとうございます

  • ma2mo10 says:

    あ…初コメではありませんでした(+_+)
    カレンダーの時、リクエストしてましたね♪
    失礼しました~(>_<)

  • >> ma2mo10さん
    ありがとうございます~!
    いえいえ、いつでも何度でもどうぞ!

    そうですね。
    もしかしたら命を懸けて優しさをくれているのかもしれません。
    なんだか赦されるような… そっと受け入れてくれるような…
    そんな気持ちになります。

    また来年の桜が楽しみですね。^-^
    それまでこの優しさを心に秘めたいと思います。
    葉桜がきれいですね。