Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

MicrosoftとAppleの思わぬ共通点

MicrosoftとAppleの意外な(?)共通点を見つけてしまいました。

Microsoftのマウス

Appleのキーボードとマウス

電池が同じだーーーっっ!!!

最近、マウスを買い換えました。ロジクールのMX-700がどうにもヘタってきたので(サイドボタンが一度押しを二度押しと認識される)、買い替えを決意。
またロジクールにしようかと思ったのですが、最近のワイヤレスマウスは充電池が内蔵式で手持ちのeneloopなどの充電池が利用できない。これでは困るので単3電池式のでいいのないかな、と思ったらMicrosoftから新製品が発売。

Microsoft Wireless Laser Mouse 6000

マウスの感知精度、フィット感、デザインなどはいいですが(チャコールグレイにしました)、極小さい高周波音が出ているのが気になります。音楽をかけていないときは無音に近いので聴こえてしまう。
前のマウスではなかったのでワイヤレスだからしょうがない、というものではないみたいです。
高周波音はけっこう気になるので、もしかしたら長くは使わないかも。

このマウスに付属されていた電池がなんとAppleのワイヤレスキーボードとマウスに付属されていたものとメーカーが一緒。購入後、だいたい開封時に一通り写真に収めるので覚えていました。
“Energizer” とはいったい何者なのだと調べたらアメリカでは有名な電池メーカーだそう。公式サイト 日本のWikipediaにも記事ありました

ちなみに、Micorosoft社製のワイヤレスマウスの付属電池、またApple社製のワイヤレスキーボードならびにワイヤレスマウスの付属電池には、エナジャイザー製の単3乾電池を採用している。

と書きたいです。
ときどーきマイナー(?)な項目で記事編集したりしますが、こればかりは 雑多な情報 で片付けられそうなのでやめました(笑)。
[要出典] とか求められたりして。そして外部リンクにこのブログが! 夢がひろがりんぐ。

  • Posted at 05:04 on Apr 24, 2008
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。