Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Keith Jarrett Solo 2008

Keith Jarrett Solo 2008
いまだになんと記事を書けばいいのかよく分からないのですが、さる5月14日、あのKeith Jarrettのソロ・コンサートに行ってきました。
私のKeithに対する思いはこの記事で綴っていますが、ついに、ついにですよ。
一生のうちで一度ソロ・コンサートを聴けたら、と思ってたくらいの彼のコンサート。

いやぁ、なんというか、がつん! とやられましたね。
ヤバイくらいのストイックさに共感と励みをいただきました。

やっぱり、人の苦悩や必死のもがき、深い混迷との格闘は、人を助ける力があります。それは決して「人の不幸はなんとやら」というような反吐が出るような感情ではなく、その苦しみを自分というフィルターを通して、己自身の苦しみとして取り込み、消化していく(消化しようと試み続ける)。その染みいるような痛みと苦みを超えたとき、人はどこかに行ける。もしくは味わい尽くしたときに。
これは今回ひしひしと感じましたね。「うわあぁぁー」という驚きと、「やっぱりここまでやらなきゃ駄目かぁ」、という確認。
これは生きるの大変なはずだわ。そりゃそうだわ。(分かってたけど再確認(笑)

漫画、RozenMaidenにてジュンが真紅に対して(真紅たちドールズを生み出したローゼン伯爵を)

……なんか…
悲しい話だな

勝手な奴だ 勝手に産み出しといて…
そんな事で闘わされて…後はほったらかしなんて

と言ったけれど、それに対して真紅は

……私はそうは思わないけど
だって

闘うことって
生きるってことでしょう?

と言ったわけですよ。(第3巻、Phase13)
これってもしかしたらすごい一言なんじゃない?
アリスをめぐって闘うドールズたちは、ある意味では生きる人間の象徴なんじゃなかろうか。…もしかして今更ですか!?
(RozenMaiden知らない人には意味不明ですみません…)

話を戻すと、Keith Jarrettのコンサート、また機会があったら絶対行きます。
それからやはり、こういうコンサートは断食してでも一番いい席を取るべきだと実感しました。今回は朝日新聞(配達店)の特典チケットでSS席が安く手に入ったのです。うちは日経なんだけど…朝日GJ!!

  • Posted at 22:11 on May 31, 2008
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。