Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

HHK Pro2と英語キーボードで全角/半角切り替え

HHK Pro2(墨)ついに購入~v
ついに「Happy Hacking Keyboard Professional2」を買ってしまいました。
FILCOの「Majestouch Linear」もかなり幸せな打ち心地だったのですが、コンパクトサイズなキーボードが必要になってしまったのを機に購入。
さすがのHHKPro2、打鍵感は素晴らしいです。音もうるさくないので夜も安心(最近は早寝早起きないい子なので恩恵は少ない^^;)。

最近日本語キーボード版も出ましたが、英語版のほうが極限まで切り詰めた感があって、こちらに。でもときどきMajestouchも使うと思います。好きなキーボードなので。
本当は憧れ的なもので、無刻印モデルが欲しかったのですが、英語キーボードのタッチタイプはまったくできないので素直に標準モデルを。練習します…。
刻印されていると言っても墨モデルは写真のようにキートップの刻印が目立ちません。かっこいいです。

同梱品
同梱品。USBケーブルは着脱式なのでなにかと取り回しは楽だと思います。

手を置いたところ。
本当に必要最小限のキー配列なので、ホームポジションから手をあまり動かさずにタイプできるのが一番の売りでしょうか。
標準の設定だとBackSpaceは [Fn] + [Delete] なので個人的には左下にも [Fn] が欲しいかも、といったところです。

MacBook(USキーボード版)にBootCampでWindowsを入れた時、全角/半角のショートカットでの切り替えが分からない、と言っていましたが、このたび解決しました。
[Alt] + [`(チルダキー)] です。日本語環境ではやはりこればかりはないとやってられませんね。(笑) ATOKではShiftを押しながらタイプすると英字入力になりますが、必ず大文字から打ちたい時ばかりではないので重宝です。

【May 10, 2012 追記】
キーの名称は正しくは「`」は『グレイヴ・アクセント(=Backtick)』。
『チルダ』は「~」。

だいたいどこも2万4千円くらいですが、Amazonでは2万円で買えたので実際に触れる店舗で気に入ったらAmazonで購入するにもありだと思います。
Amazon.co.jp | [PFU] Happy Hacking Keyboard Professional2 墨 PD-KB400B
英語配列でタッチタイプ余裕な方は無刻印モデルをどうぞ。

関連記事:
WindowsでもCommand+Spaceで日英切替 – Mar.16, 2009

  • Posted at 05:53 on Dec 14, 2008
  • | 4 Comments

4 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • Antoinette、A. says:

    わたしもHHK Pro2を利用して長いのですが、ATOKの日本語切り替えが不便だなあ、と何となく思っていました。

    [Alt] + [`(チルダキー)]、素晴らしい!
    ご披露いただき、ありがとうございます。

    これから活用します。

  • >>Antoinette、A.さん
    お役に立てたようで良かったです~!
    本当、これがないと不便ですよね。

    もしAlt+チルダ以外の組み合わせにしたい場合は
    よろしければこの記事の後半部分などもご参考になさってください。
    「おまけその2。」のところですね。
    左Ctrl+Spaceでの切替は慣れるとなかなか便利です。
    (加えて私は左Shift+Spaceで選択範囲の再変換にもしています。)

  • toorisugari says:

    Tildeは~です。
    `はbacktickです。

  • >>toorisugari さん
    正しい情報、ありがとうございます~。
    追記のかたちで修正しました。