Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Windows でも Command+Space で日英切替

USキーボードの救世主
現在使用しているキーボードはHHK Pro2を購入してからみんな英語キーボードになりました。
はじめてMacBookでUS配列に触れたときは戸惑いましたが、もはや逆転してしまったというか、日本語配列ではタッチタイプできないかも。

さて、Macではアップルキー(現在のモデルでは刻印からアップルが消えてコマンド表記のみ)とスペースキーを打つことで、入力の日英切替ができます。Windows向け日本語キーボードの「半角/全角」切替キーの役目がこれでできるわけです。
でも当然ながら、英語キーボードには「半角/全角」切替専用のキーはありません。
[Alt]+[チルダ]でもできるのですが、なんだかんだ言って遠いんですね。(笑)
Macに慣れてしまっている身としてはなおさら面倒なわけです。どうにか手元で(Command&Space)でやりたい。

そうしたらひょんな記事で超便利なソフトウェアを知りました。(もう一ヶ月経っちゃったのか…)

CmdSpace – Pollux Program Lab

これを入れると、Windows環境ででも Alt(設定でWindowsキー、Ctrlキーに変更できます)+Spaceで日英切替ができるようになります。
はっきり言って、もう手放せません。(私はWindowsキー+Spaceにしています。位置がMacと同じになるのです。)

BootCamp上のWindows Vistaにも入れているのですが、こちらではなぜか設定がそのままで生きないのでAlt+Spaceにしています。

英語キーボードを使用していて、日英切替がちょっと面倒~と感じている方には激しくおすすめ!

関連記事:
HHK Pro2と英語キーボードで全角/半角切り替え – Dec.14, 2008

  • Posted at 08:42 on Mar 16, 2009
  • | 4 Comments

4 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • yuchike says:

    フランス語のもあるのかな?

    簡単に言うと
    AとQ、ZとW、Mと、が入れ替わるのよ~
    しょっちゅう間違ってる。

  • >>yuchike
    ca va?
    フランス語を設定してみた。
    むっちゃ難しいね、フランス語配列。なんじゃこりゃー!
    「わたし」が「zqtqshi」になる(笑)

    簡単に調べてみたけど、入れ替えるようなのは見つからなかった。
    フランス語でもカナダ版は英語キーボード配列との相性はいいみたい。(兼用圏だからかね?

    どうでもいいけど「ケーキあんがとー」が「un gateauあんがとー」になるね。
    そうそう、おすすめのフランス語本あったら教えて。
    このあいだ本屋で探したんだけど、多すぎてどれがいいのか分からなかったのよ。

  • yuchike says:

    そうしちめんどくさいんだよね

    でもフランス語打つ時アクセント重要じゃない?

    キーボードの数字のところがアクセントになっててね

    ちなみにaのアクセントの通称名は「中国帽子」

    フランス語は喋るため?
    日本にあるのは初級用ばかりでくだいて書いてあるか小難しく書いてあるかってかんじだよ。あっても中級用まで

    NHKの語学教本毎月1冊380円(だった)、文法は6ヶ月サイクル。番組を見るとなおよし、フランスの旅行記とか文化コーナーもあってそれは常に入れ替え。今のフランスが見えるよ。ほかの語学に関してもおなじ。
    大きい本屋さんならどこでも、バックナンバーも買えるから、
    確か半年ごとなのでシーズンの初めから買うのがお勧め。

  • >>yuchike
    フランス人は逆に英語打つときに
    「なんじゃこりゃー!」なんだろね。

    > フランス語は喋るため?
    もちろん!ウィ!ボンジュール!メルシー!ジュテーム!
    春だしこれは始めろということだな。ちょっくら本屋行ってくる。
    目標は、サルコジのおっちゃんと街頭で口論できるくらい。