Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

EX MACHINAのDVDとHD-DVDを見比べ

「次世代ディスク」と呼ばれていたBlu-rayとHD-DVD。規格競争はBlu-rayの勝利で幕を降ろしましたが、私はHD-DVDを持っているのです。それはEX MACHINAの特典ディスク。HD-DVDで本編が収録されているんです。これは観たい。(EX MACHINAについての記事はこちら

これから買っていくのはBlu-rayになるでしょうから、Blu-rayもHD-DVDも観れるコンボドライヴが欲しい。
私はLGのGGW-H20NをアキバのArkで16,800円で先月購入。まだ買うつもりはなかったのですが、棚に一個しか残ってなかったので買っちまいました。

あとはHDCP対応のモニタだけという状態で、2490WUXiを買い、準備は整ったのでさっそく鑑賞。ちなみにディスプレイ切替器(使っている記事)をはさんだ状態だと「モニタがHDCPに未対応」として観れませんでした。今度のモニタはDVIポートも2つついているので切替器はいらないかと外し、直でつないだところ無事OK.

では見比べてみましょう。画像はすべて同一条件でのデジカメ撮影です。(Blu-rayやHD-DVDのキャプは面倒くさすぎるので)

まずは、オープニングのオリュンポスの街を俯瞰するシーンより。

オリュンポスの街並み
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?
言わずもがな、上がDVD、下がHD-DVD。

字がはっきり、くっきり
左がHD-DVD、右がDVD。タイトルの
APPLESEED SAGA
EX MACHINA
の部分です。
字もはっきり・くっきりです。DVDはこんなにぼやけてたんですねえ。知らなければこれが普通だったのに(笑)

ブリがステンドグラスから突入するシーン
上:DVD 下:HD-DVD
ブリが教会のステンドグラスから突入するシーン。ここでは思わずすごすぎて笑っちゃいました。笑うしかないですよ、これは。これでも画面の一部分です。こんな細かいのが動画で動き続けるんです。
ガラスの破片の角が立ってます。ステンドグラスの細かい装飾にも注目。右側の窓は夜空の星を表現していたんですね。

服の質感もすごい
上:DVD 下:HD-DVD
吉野さんのレザースーツの質感に注目。すげえ! 今作では服の質感がすごくよく分かって良かったです。布地とかもはっきり表現されててこれはいいです。
吉野さんのまつげもちゃんと立ってます。かっこええ。

これはもうDVD買えないかも。とりあえずBlu-rayがのちほど発売されるであろう作品はDVDは見送ることになりそうです。

  • Posted at 14:48 on Mar 22, 2009
  • | 2 Comments

2 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • misano says:

    はじめまして。前から来ていたんですけど、コメントするのは初めてです。
    HD-DVDは持っていないのですが、ブルーレイはあるのでなんとなくわかります。
    最後のレザーが凄いですねぇ。
    PS3とかでアップコンバートすると、ある程度綺麗にはなるんですが、
    なんとなく輪郭線が太い?とか分かる感じなんですよね、アニメだと。

    アップルシードは見てますがEX MACHINAはまだなので、見てみたくなりました。
    では、失礼します。

  • >>misanoさん
    はじめまして!コメントありがとうございます~。
    なるほど、たしかに境界部分は強調されるかもしれませんね。
    今後はもうDVDはアップコンバートが当然になっていくのでしょうか。
    PC上でソフトウェアで(アプコンを)やろうとするとまだヘヴィな作業になるみたいです。
    今度試してみようと思ってるのですが…。

    私はAPPLESEEDと観た順が逆なんですけど
    EX MACHINAのほうもなかなかおもしろいですよ。
    プロデューサがJohn Wooということも影響しているのか、テンポがいいです。