「これは欲しい。」と思ったPCケース

InWin 'Allure'。かっこよすぎ。
萌えええーーー 鼻血でそう。
レディメイドなケースに興味はねえ、ってことで自作PCケース作ったりしましたが、これは欲しい。やばすぎる。
PCを組むという行為において、手段と目的が逆転してしまう(使うために組むのではなく、組んでから使い道を考える)のは自作民としては殿堂入りなのかもしれませんがどうしよう。
デスクトップ2台あってもやることないよ。モンハン・フロンティアやりたいからゲーム専用マシンでも組むか…。いやいやいや正気を保つんだ…(錯乱中

紹介されてた記事はこちら。(メーカーの製品紹介サイトはこちら
InWin、花柄にスワロフスキークリスタルをあしらったmicroATXケース – PC Watch
スワロフスキークリスタルを70個ちりばめたセレブ系ケース! – ASCII.jp 自作PC

スワロフスキークリスタルとセレブというのが分からなかったので調べてみると、スワロフスキー(Swarovski)はオーストリアの有名な装飾ガラスメーカーらしい。

スワロフスキー・クリスタルとは by Wikipedia

スワロフスキー・クリスタル・ガラスは、通常のクリスタル・ガラス(酸化鉛 (PbO) の含有量比は約24%)に比べ、酸化鉛が最低32%と多くなっている。そのため、通常のクリスタル(透明)カット製品でも、光の反射加減により虹色に見えることがある。

セレブとはセレブリティ(Celebrity)の略であるらしく、「セレブリティはPCなんて自作しないだろ、常識的に考えて…」と思ったら日本だけの使い方らしい。Avril LavigneがPC自作してるところなんて想像つかない。

セレブリティとは by Wikipedia

現在、日本のテレビや雑誌メディアはセレブと略し、金持ち、優雅、高級、などの意味合いで使用しているが、明らかな誤用である。
(中略)
日本では、元来の意味とも一般的な用法とも異なり、「おしゃれな(生活をしている)お金持ち」を指し、必ずしも「有名」である必要はない。また、「おしゃれ」に関しても、どちらかと言えば、シンプルではなくゴージャスな物を指す。
(中略)
一方、女性誌では知的で魅力的な女性を言ったり、ただ優雅なだけをさす場合もあり、意味は拡散し、拡大傾向にある。また「金持ち」と言うと嫌味、生々しさがあるため「セレブ」と言い換えたりする例も多い。さらにプチセレブ(ちょっと豪華、ちょっと贅沢、ちょっとおしゃれ、ちょっとお金に余裕がある、といったような意味。ここでもセレブリティの元来の意味である「有名」という意味は含まれない)という本来の意味から外れた言葉も生まれ、流行を追うことで悦に入っている女性像を暗にあらわしている。またセレブとセレブリティを別に考える傾向も見られる様になった。

なるほど。まあいかにも日本人らしいですね、こういうの。