Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

【日常生活範囲内限定】華氏/摂氏簡易換算

普段摂氏(°C)に慣れている身としては、華氏(°F)を普段用いるアメリカなどのニュースや新聞を見ると、気温表記に戸惑うことになります。「熱波が襲いました」と「102°F」と書いてあってもさっぱりなわけです。
母に聞いたところ、辞書にメモしていたようで、正確には「(華氏-32)x5/9=摂氏」だそうです。
これに当てはめてみると、華氏102度は、摂氏38.9度となります。ああ、そりゃ熱波だわ。

でも正直これを瞬時に暗算するのは難儀です。5/9がやっかいです。
そこで、最低天気などで使う範囲内で簡単に近づけられないかと思い、やってみました。
それが、「25引いて、半分にする」です。
検証してみます。(5/9は0.555…で約0.56とするとやや誤差が大きくなるので、0.556として計算)

摂氏(実値)=(華氏-32)x0.556(100分の1は四捨五入)
摂氏(簡易)=(華氏-25)x0.5

華氏 摂氏(実値) 摂氏(簡易) 実値との誤差 個人的判定
105 40.6 40 -0.6 Beautiful!
100 37.8 37.5 -0.3 Excellent!!
95 35 35 0 Excellent!!
90 32.2 32.5 +0.3 Excellent!!
85 29.5 30 +0.5 Beautiful!
80 26.7 27.5 +0.8 Beautiful!
75 23.9 25 +1.1 Very nice.
70 21.1 22.5 +1.4 Very nice.
65 18.3 20 +1.7 Good.
60 15.6 17.5 +1.9 Good.
55 12.8 15 +2.2 It’s OK.
50 10 12.5 +2.5 It’s OK.
45 7.2 10 +2.8 It’s OK.
40 4.4 7.5 +3.1 Oops!
35 1.7 5 +3.3 Oops!

夏場の天気予報ではなかなかの精度をはじき出しますね。冬場の気温になると誤差が3度前後となり、もう一息欲しいところです。実際の予報でも3度違えば「外れた」と言われかねない範囲になってきます。
では冬場は「25」ではなく、「30」を引いてみましょう。

摂氏(簡易)=(華氏-30)x0.5

華氏 摂氏(実値) 摂氏(簡易) 実値との誤差 個人的判定
105 40.6 37.5 -3.1 Oops!
100 37.8 35 -2.8 It’s OK.
95 35 32.5 -2.5 It’s OK.
90 32.2 30 -2.2 It’s OK.
85 29.5 27.5 -2 It’s OK.
80 26.7 25 -1.7 Good.
75 23.9 22.5 -1.4 Very nice.
70 21.1 20 -1.1 Very nice.
65 18.3 17.5 -0.8 Beautiful!
60 15.6 15 -0.6 Beautiful!
55 12.8 12.5 -0.3 Excellent!!
50 10 10 0 Excellent!!
45 7.2 7.5 +0.3 Excellent!!
40 4.4 5 +0.6 Beautiful!
35 1.7 2.5 +0.8 Beautiful!

摂氏10度前後では驚異的なマッチ具合です。これなら華氏表示も怖くない。

華氏と温度感覚が直結すればいちいち摂氏に換算しなくてもすむのですが、こういう環境型思考習慣は華氏表示環境にしばらく滞在しないと身に馴染まないかもしれません。

  • Posted at 02:04 on Jun 23, 2009
  • | 6 Comments

6 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • tomo says:

    お久しぶりです。
    10年経ってもアメリカの華氏には慣れない私には、これとっても便利です。
    使わせていただきます。:)

  • >>tomoさん
    こんにちは。こちらこそご無沙汰しています。お元気ですか?
    やはりなかなか慣れないものなんですね。
    きっと言葉と同じくらい、体に染みついてる感覚なんでしょうね。
    お役に立てればうれしいです!
    自分もいつか日常的に換算するような生活をしたいです。:D

  • u says:

    これを作った君がEXCELLENT!

  • >>u
    まじで! どうもありがとー!

    うちのお風呂に置いてある水温計が摂氏/華氏両表示なので、
    摂氏を隠しながら上ので計算しては「当たってる~」とニヤニヤしてます。

  • Yo says:

    似たようなことをやってましたが、どのへんが境界線なのかな~というのを表にしてもらったような感じがします。ありがとうございました。

    ちなみに私は20℃=68度を基準に10℃=18度足したり引いたりしていつも計算してます。(10℃=50度、30℃=86度あたりは記憶してますが)

    土地柄、マイナス20℃からプラス35℃まである所なので、なかなかやっかいです。

  • >>Yo さん
    コメントありがとうございました。
    なるほど、その計算もいいですね!

    ずいぶん気温差のあるところなのですね、それは大変です。
    氷点下だと「35引く」とそこそこ合うみたいです。
    華氏15度の場合、実値だと摂氏-9.5度くらいですが、
    「35引いて半分にする」と-10度になりました。