Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

孤高のMacBook Air

飛んでる!
Appleの最軽量ラップトップ、MacBook Airを先月買いました。ちょっと時間が経ってしまいましたがお披露目。買ったのは現行の松モデル(MC234J/A)をUSキーボードに変更したもの。AirたんはCPUやメモリなどの内部ハードウェアの変更(CTO)は出来ないので、その他はスペック表通り。

今まで持ち歩いてたのは何度かこのブログにも出てきているMacBook(Late 2006)。これは重さが2.36kgあります。はっきり言って、重い。500mlペットボトルの水5本分ですからね(ちょっと飲みかけ)。
それも特訓だと思って3年間気にせず持ち歩いていましたが、家の中で使うことになったので持ち歩き用を新調しようと思った次第。ちなみにAirは1.36kg。極軽量を謳うモバイルPCと比べれば倍ですが、ラップトップまでWindowsはさすがに飽きるのでパス。僕は「パソコンを持ち歩きたい」のではなく「Macを持ち歩きたい」のです。

自分の中で選択肢はもうAir以外になかったので先月という時期は微妙だったんですが買っちゃいました。買ってすぐには新型来ないだろうと読んだ理由は、iPadの発表。当面AppleはiPadを引き立てるはずなので、軽量を売りにしているAirをiPadの直近にはぶつけてこないだろうと。むしろディスコン(Discontinued=生産中止)になる可能性の方が気になりました。ユーザ内のたわいもない噂話では以前からMacBook AirとMac miniはディスコンになるんじゃね?と流れています。あくまでもただの噂話ですが、なんとなく分かる気もするんですよね(笑)。でも僕はMac miniとかAirとかとんがったのが好きですねえ。孤高ですよ、立ち位置が。オールインワン? あんなの飾りです、偉い人にはそれがわからんのですよ。
でもiPad買ったらAirも重く感じるようになるんでしょうね。自分の使い方的にiPadはAirを置き換えるものにはならないのですが。
…と、この記事を執筆中にiPadの発売延期の報を聞きました。うーん、どうなるんだろ? AirのアップデートがiPad近辺に控えているにしてもこの状況ではAirも伸ばさざるを得ない気もしますが…。

念願のバックライトキーボード
念願のバックライトキーボード。

キャリーケースは「COTEetCIEL」というのを買ってみました。
COTEetCIEL Laptop Diver Sleeve long opening MacBook Air Dusky Orchid
商品名は「COTEetCIEL Laptop Diver Sleeve long opening MacBook Air Dusky Orchid」。
実際に見る色は下記サイトの商品写真よりも若干赤味が強い印象です。薄めた山葡萄色といった感じ。実物を事前に確認したかったのですが、置いているお店が見つからなかったんですよね。でも品のあるいい色です。洗ったりしてもうちょっと色褪せたらもっと好みの色になるかも。
ケースに入れたり出したりするのに最初は若干戸惑うほどぴったりに作ってあります。思い切って口を広げないと出し入れできません。その代わり、スリーヴケースですがすっぽ抜ける心配はなさそうです。

MacBook用ケース発売–デザイナーはパリコレブランドをプロデュース – ASCII.jp
COTEetCIEL Laptop Diver Sleeve long opening MacBook Air | Pleiades(販売会社の商品紹介ページ)

Amazonで購入。このプレアデスジャパンという販売会社の出品でしたが、Amazonの倉庫を持っているようで送料はかかりませんでした。

COTEetCIEL Laptop Diver Sleeve long opening MacBook Air Dusky Orchid – Amazon.co.jp

激写した写真などなど。

排気口
排気口。かっこいいー!

開閉式のポート類
開閉式のポート類。かっこいいー!

USキーボード
USキーボード。ひょえー!

薄いディスプレイ
薄いディスプレイ。うはー!

バッテリーさすがに持たなさすぎじゃね?とか、視野角やっぱり狭いよVAパネルくらい載せようよとか、注文はあるにはあるんですがまぁしょうがない。Airだから目を瞑りましょう。(理解あるユーザだなぁ…)
ポリカーボネートの黒MacBookを使ってた自分が地味に感動したのは、アルミベースなので皮脂が目立たないこと。キートップも色は同じ黒ですが素材か仕上げが変わっているようで、MacBookほどテカリが出ません。これは嬉しかった。MacBookは固く絞った濡れタオルで定期的に掃除してましたからね。

最後に2ちゃんねるのMacBook Airスレで見つけた書き込み。(昨日の新MacBook Pro発表直後の書き込み)

28 :名称未設定 [sage] :2010/04/13(火) 22:56:10 ID:y50B7Z+T0
   MacBook Airの新型を買うため我慢し続けてきたのに、
   今夜のズコー(AA略で決意が揺らぎそうだ
   誰かプロよりエアーが優れている所を力説して引き止めてくれないか

29 :名称未設定 [sage] :2010/04/13(火) 23:03:07 ID:NxepqB050
   >>28
   いくら言葉を重ねても無意味。
   所有したものだけが味わえる満足感なのだから。
   第3世代だったら、絶対に後悔しないよ。
   俺、この2週間、本当に幸せだもの。
   新型が出たとしても、この満足感は消えない自信がある。

35 :名称未設定 [sage] :2010/04/14(水) 00:18:47 ID:5OKj1Jok0
   >>28
   1. デザインにおける所有満足感
   2. 周りからの役に立たない避難を浴びつつうまく使いこなす優越感
   3. 鞄に入れたときに他のものがよく入るうれしさ

   主にこの3つを感じることができますお客様。
   ProはMac、AirはMacが入ったAirでございます。

結局はこれらのコメントに集約されそうな気がします。

孤高の存在、MacBook Air。

  • Posted at 22:59 on Apr 14, 2010
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。