Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前後編を観た

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」を観てきました。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[madoka-magica.com]

前編の「始まりの物語」、後編の「永遠の物語」、ともに TV 放映版を再構成した総集編という形になりますが、これは無闇に新しいエピソードを持ってくるより良かったなと観て思いました。それだけ完成されているなぁと。
合わせて4時間という大ヴォリュームですが、これはねぇ、いいです。全然紹介になっていないですね(笑)。
TV 放映版を観ていない方にもむしろこの劇場版はおすすめです。やはり単純な話として、繋がっているだけでも没頭具合が違います。それだけ濃密な作品なので映画という形はいいなと思いました。

ちょっともう一回観たいくらいです。まどマギって話題になってたけど観たことない、興味はあるという方がおられたら声かけて下さい。希望者には解説がついてきます(笑)。
あと、大変ですが可能なら前編と後編、続けて観ることをおすすめします。劇場のタイムテーブルにもよりますが、間にトイレ休憩くらいのインターヴァルはあるんじゃないかなと思います。

ポストカード
鑑賞時にもらったイラストポストカード。前編と後編で1枚ずつ。これってやはりランダムなのでしょうか。揃えたくなっちゃいますね。杏子(右側の子)がかなり好きなので満足ですが。が! ほむほむが欲しいです…。

あとプログラムが欲しかったのですが、後編がレイトショウだったため、観終わったときには売店が閉じていて入手できず。


「ダーク・ファンタジー」と評されるまどマギですが、魔法少女というアイコンを軸に映されるその世界はまさしく現実そのもの。どういうことかというと、この作品のひとつ大きなキーワードは「因果」です。すべては調和の元にプラスマイナスゼロになる、という黄金律です。
ここまでならよくあるお話ですが、まどマギはさらにその先へ行きます。その調和を破壊する覚悟、まどかの「私、そんなのは違うって、何度でも言い返せます」という意味、そして身を投げ打ってでもあなたを助ける、助けさせてという痛々しいほどの闘い。もうほんと勘弁して下さいと言いたくなるほどの境地です。思い出しただけで苦しい。
一般的にイメージされていた「愛と勇気の魔法少女アニメ」とはかなり違ったものになっています。ぜひ。


横浜ブルク13
横浜ブルク13、シックな内装。

横浜ブルク13[burg13.com]

私は今回「横浜ブルク13」で鑑賞しました。横浜近辺に住んでおられる方なら、桜木町駅周辺(ランドマークタワー側)のすっかすか具合は記憶に新しいことと思います。ところがもう今は変わっちゃってます。でっかいビルが建っているんです[instagram.com]。その6階にこの映画館が入っていて、今回初めて行ったのですがこれがまた良かった。
落ち着いた雰囲気でお洒落です。最初シアターへの入り方が分からず映画館併設のカフェの店員さんに聞いたのですが、とても親切に案内してくれました。いい映画館ができたなーという印象です。

ロビー
ロビー。タイバニのアートワークが展示してありました。お洒落ですよね。タイバニも観たいなと思ってます。


大きな地図で見る

  • Posted at 22:34 on Oct 31, 2012
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。