Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

Windows 8 タブレット ARROWS Tab 購入

Win8 in 金だらい
Win8 in 金だらい。これが本当の「水没 PC」だ!

Windows 8 タブレット PC、富士通の「ARROWS Tab」を買いました。
自分の Windows PC はいずれも Windows 7 なので初の Win8 でございます。自作 PC ファンの自分にとってメーカー製のパソコンを買うなんてラップトップか Mac くらいしかないだろうと思っていたのですが(ライセンスの関係上自作 PC に Mac OS は入れられない)、この「ARROWS Tab」はこれは欲しい、と思わせる一品でした。

タブレットPC ARROWS Tab Wi-Fi(アローズ タブ ワイファイ) QHシリーズ – FMWORLD.NET(個人) : 富士通[fmworld.net]

購入したモデルはカスタマイズモデルの「ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」。割引クーポンもあって68,816円でした。家電量販店でも売っているカタログモデル(型番:QH55/J)との違いはオフィスソフトがあるかどうか。私は必要なかったので直販のカスタマイズモデルを選択しました。

かねてより風呂でも使える防水タブレットが欲しくて、必要なときには iPad を透明のプラファイルケースに入れて使っていたのですが、やはり面倒な上、iOS デバイスではできないことが自分にとっては結構あってしっくりきませんでした。
防水タブレットというと Android タブレットではいくつかあるようです。この富士通のラインナップにもありました。それでも結局できることできないことを考えたら Android という選択は iPad より自由があるとは言え中途半端ですし、既に Android タブレットは持っているので2台目はなぁという気も(笑)。

その点これは純然たる Windows マシンなのでできないことと言うのは基本的にありません。実際にはソフトウェアキーボードでキーボードショートカットが一部使えないとか[ 1 ]、スペックの関係上重めの処理は苦手という面もありますが、何より「パソコンである」という存在には変えられません。

ARROWS Tab

この ARROWS Tab を使って再認識したのは「やっぱりパソコンが好きだなぁ」ということ。なんでもできるという自由さは素晴らしい。

タッチ式の Windows ボタン
タッチ式の Windows ボタン。これで Modern UI のスタート画面とデスクトップを切り替えたりします。タイルアプリからスタートに戻るのもこれ。

細部まで高級感ある作り
細部まで高級感ある作りです(以上3枚はモノクロ)。上下部にスカイブルーのラインが差してあるのですが品のある色でなかなかいいです。
富士通って今まで縁がなかったこともあってピンと来なかったのですが「いいものを作るな」という印象を受けました。


Modern UI のスタート画面
Modern UI のスタート画面[ 2 ]
メールアプリには新着件数、フォトやニュースなどのアプリは「ライブタイル」と言って自動で内容が切り替わります(オフにもできる)。

デスクトップ
こちらは従来のデスクトップ。
Modern UI 向けではないソフトウェアはこちらで起動することになります。

ソフトウェアキーボード
感心したのはこのソフトウェアキーボード。
今まで IME(Input Method Editor、文字入力ソフト)は ATOK を愛用してきたので Modern UI ではマイクロソフトの標準 IME しか使えず懸念材料だったのですが使ってみて感心しました。大変頭の良い IME になっています。使っていてストレスがありません。iOS の IME は個人的にとにかくストレスが溜まり[ 3 ]できるだけ文章打ちたくない代物だったのですが、Windows 8 のは全くの別物。
キーボードとしても打ちやすく、矢印キーがあり、ソフトウェアキーボードはかくあるべきという優等生。素晴らしい[ 4 ]

メールアプリでの Gmail
あとメールアプリではマイクロソフトの Live メールの他にも Gmail などのアカウントを登録できるのですが、これで見る Gmail が素敵。アーカイヴボタンとタグ付けができたらもうウェブで Gmail 見たくないなというレヴェル。すばら!


ちょっと使って思ったのは、Windows 8 においては Microsoft アカウントがあってこそということ。このあたりは Macintosh における iTunes アカウントと同じです。これがないと魅力は半減どころか8割減。
マイクロソフト、また Windows はその規模が巨大すぎるが故に、アップルが成し遂げたエコシステムを動かすのは難しいだろうなあとは思っていたんですが、これからの Windows は変わっていくかもしれません。変わるとしたらその起点がこの Windows 8 なのだろうなと。
エコシステムという点で言えば、あまり出しゃばらずに頑張ってほしいです。Windows の良さはその自由さなのですから(セキュリティに関してはチェックを厳しくしつつも)あまり五月蠅いことは言わず自由にやらせてほしいですね。

あとはとにかくストアの充実が急務かと思いました。今はとにかく少ない。「オフィス」で検索して Microsoft Office が出てこない、Twitter の公式含めてクライアントがない(【Jan 30th, 2013 追記】「選んだ言語のアプリを見つけやすくする」のオプションをオフにしたら公式のではないが出てきた)、まだまだだなあという。

他にも言いたい点はあるものの、とりあえず第一印象としては良かったです。デスクトップ OS の側面から見たときはまだまだなところがありつつも、タブレット OS との融合という視点で見ればなるほどよく出来てます。
デスクトップのメイン PC はまだ Windows 7 でいいかなと思いましたが、タブレット端末に Windows 8 は堅いですね。

  • Posted at 23:58 on Jan 26, 2013
  • | No comments yet

Response

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。