初代 iPad 使いから見た iPad with Retina Display (iPad 4)

初代 iPad と 第4世代 iPad
初代 iPad(右)と第4世代 iPad(左)。

2013年3月現在最新モデルとなる iPad with Retina Display (4th Generation) を買いました。とは言っても自分用ではなく、母上への献上品。最近私の iPad で本を読むことが増えてきたのでそろそろいいかなと。ネットサーフなら兎も角、読書するには Retina Display がいいことは分かっていたのと、字が大きい方が見やすいだろうということで iPad mini ではなく第4世代 iPad です。

発売から3年経った初代 iPad の使い手はそろそろ減ってきているのかもしれませんが、そんな初代 iPad 使いにとって iPad with Retina Display は「実際のところどうなのよ」と気になる存在ではあると思います。違いが分かりやすいところで少し比較してみます[ 1 ]

薄さが際立つ
外観はやはり薄さが際立ちます。
仕様では初代は厚さが 13.4mm、第4世代は 9.4mm となっていますが数値以上に薄く感じます。フォルムも初代は逆かまぼこ形ですが、第4世代は縦のない半月型。これがなかなかに持ちやすいです。角が手に当たらず、掌にフィットしていいですね。

重さは約 30g ほど軽くなっていますが比べないと分かりません。


では見せてもらおうか、Retina Display の性能とやらを!

Read the rest of this entry »

  • Posted at 21:28 on Mar 03, 2013
  • | (Closed)