Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-includes/post-template.php on line 284

PowerDVD 11/12 で Blu-ray が再生できない現象の解決法

Blu-ray が再生できない
私はパソコンでの Blu-ray ディスク視聴に CyberLink の PowerDVD 11 Ultra を使用しています。
2月の後半に気づいたのですが、Blu-ray が再生できなくなってしまいました。おかげでガルパン2巻未だに観れていないんですよ、ムキーーッ!!

ストレージデバイスにアクセスできません。再生が停止したら、他のデバイスを選択してください。

というメッセージが表示され、続いてリージョンコード設定の画面が表示されます。

リージョンコード設定を求められるが機能しない
これもおかしな話です。勿論初めての BD 再生ではありませんし、ドライヴのリージョンコードも初回の設定以降変更していません。それなのに残りの変更回数が「0」になっています。ところが Windows からドライヴのプロパティで確認すると、残り変更回数は正確に「4」となっていました。
このリージョンコード設定の画面は2回表示されました。

エラー(コード: 800401F9)が発生
そして「DLL でエラーが発生しました」とのメッセージ付きで「コード: 800401F9」のエラー。


PowerDVD を再インストールしても変わらず、ドライヴを繋ぎ直しても変わらず、エラーメッセージで検索しても埒が明かずという状況でしたが、今日公式サイトを確認すると発表が。

【Mar 21st, 2013 追記】
18日付で日本語サイトでも修正パッチの配布が開始された模様。以下の記述と齟齬が生じる点に注意されたい。

カスタマーサポート – PowerDVD 11 Ultra/Proでブルーレイ再生ができない (ストレージデバイス、エラーコード 101、エラー 800401F9) | CyberLink[cyberlink.com]
カスタマーサポート – PowerDVD 12 Ultra/Pro でブルーレイ再生時にエラー (ストレージデバイス、エラーコード 101、エラー 800401F9) が出て再生ができない問題について | CyberLink[cyberlink.com]

ところが解決にはメンバー登録の上サポートに連絡しろとある。

該当するエラーが発生する場合、下記 PowerDVD 11ご購入の証明となる情報をいずれか1点をテクニカルサポートフォームよりご提供ください。解決の方法につきましてご案内をいたします。

※テクニカルサポートフォームのご利用には事前にメンバー登録が必要となります。

なんでやねん、というのが正直なところです。なぜわざわざメンバー登録せにゃならんのだ!
それでは英語サイトならもっと情報があるだろうと行ってみるとビンゴ。

Customer Support – When I try to play a Blu-ray Disc I get the following error messages: “CyberLink PowerDVD cannot access the storage device.” & “error code: 800401F9.” What should I do? | CyberLink[cyberlink.com]
Customer Support – When I try to play a Blu-ray Disc I get the following error messages: “CyberLink PowerDVD cannot access the storage device.” & “error code: 101.” What should I do? | CyberLink[cyberlink.com]

PowerDVD 12 の場合はまたエラー内容が異なるようですが、PowerDVD 11 は書いてある通りのパッチ適用で大丈夫でした。日本語版のソフトでも大丈夫だと思います(私は CyberLink の US ストアからダウンロード購入、日本語設定で使用しています)。
# 万が一、日本語版ソフトでこのパッチが効かなかったら素直にサポートに連絡するしかないかもしれない。


一ユーザとして期待する点として、こういうのはもっとアスキーや PC Watch などのニュースサイトにもリリースして、周知の徹底を図って欲しいものです。3月16日現在おそらく出ていない情報だと思います(これらのサイトはチェックしていますが見かけていない)。ソフトからのアップデート確認でも存在しないパッチでした。ユーザの中にはまだこのパッチに気づいていない方もおられるのではないでしょうか。
エラーや不具合が様々な兼ね合いで生じるのはしょうがない事です。今回は Windows のアップデートがきっかけのエラーとのことですから、CyberLink としては寝耳に水だったことでしょう。それでも「もう少し大々的に知らせてよ…」という思いが正直なところです。

それにしても BD が観れないのがこんなに不便だとは思いませんでした^^;

  • Posted at 14:05 on Mar 16, 2013
  • | 3 Comments

3 Responses

  • 現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  • gonta says:

    私もDVD12で同じような現象が起き、対処法を探してやっとここにきました。
    英語のサイトの方からのパッチ修正(っていうかほとんど再インストっぽい感じでしたけど)でリージョンコードのところが0から回復。
    これでBDが見られるように復活しました。
    このサイトがあってよかった。感謝します。

  • >>gonta さん
    参考になったようで良かったです。
    いやー参りましたね。でも回復したとのこと、何よりです。
    コメントありがとうございました!

  • PowerDVD12proなんですが、今までWindows7で使ってきていました。調子が悪くなったのでWindows 8.1updateマシンに買い換えました。
    そしてこのPowerDVD12proをインストールした結果、このページに書かれているような症状に出くわしました。で、該当のURLからパッチを落として当てました。ところがまたAACSキー更新を含むアップデートを求めてきました。
    でも今度はそれを無視してみましたところ、なんと正常に動作するようになりました。
    いったいこれはなんなんでしょう。
    詳細はもうすでに忘れましたが、以上の感じで以前のようにBlu-rayを視ることができるようになりました。
    ありがとうございました。
    助かりました。
    新しくPowerDVDを買うべきか、テレビにつなげるプレーヤを買おうかとまで思い詰めていましたのでおお助かりです。
    本当にありがとうございました!!