Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
Dish(Stewed) : SITE-ICHIJO. NET/BLOG 跡地

かんたんスープカレー

スープカレー
スープカレーというのは初めて作ったんですが、まぁこんな感じなのかな?
時間もなかったのでぱっと作った割にはめちゃうまかったです。またやりたい。

鍋に水入れて、肉と玉葱を入れます。(最初に肉を炒めてもいいと思うんだけど、そうすると油が余計に必要になるのでカット)
肉に火が入ったら赤X黄のパプリカを入れます。
味つけはブイヨン、カレー粉、お好みのソース(うちはオイスターソースとウスター)、あとトマトソース。あとなに入れたか覚えてないや。(笑) 適当に味見しつつ調整してください。

あと最近はドライカレーも作ったんですが、それもうまかった。みじん切りをとことんしたいときにおすすめの一品。

  • Posted at 23:52 on Jun 06, 2008
  • | (Closed)

新玉の中心で、愛を叫ぶ

毎年春になると淡路島からサンフルーツを取り寄せるのですが、新玉葱も一緒にたくさん送ってくれるんですね。というわけで玉葱を使った料理ラッシュです。

煮込みハンバーグ
煮込みハンバーグ。ソーセージを足してもおいしい。
玉葱はよぉーく炒めて、そこにホールトマトを刻んで入れ、ブイヨン・ハーブソルト・胡椒で。オイスターソースや粉チーズをちょろっと入れると味わい深くなります。
ホールトマトを(豆腐の要領で)手のひらに乗せて切るのがたまらなく好きです。子どもの頃はあれが「すごいなぁ」と大人のすごさの象徴だった気が。豆腐より筋があるぶん高レヴェルな技です。

鱈のクリームシチュー
鱈のクリームシチュー。
干鱈は適度に塩を抜いて使います。一度かるく焼いてから使いました。(焼くと塩が出る)
普通にクリームシチューの要領で、鱈を加えるだけ。うまい。

ビーフシチュー
ビーフシチュー。これはここ最近で一番ヒット。実にうまかった。
ルウがなかったので適当に。
これも玉葱をよーく炒めて、「もういいだろう」になったら水・赤ワインを加え煮体制に入ります。
崩れやすいジャガイモ以外の具を入れ、ブイヨン・塩・胡椒。トマトソース(ケチャップでも可)、お気に入りのソース、牛乳、チーズなどで味を作ります。食事の時間を逆算してジャガイモを入れ、溶いた小麦粉を入れとろみをつけます。
これ、シチューのルウはもういらないかも。アンネセサリー。それルー大柴。

トマトソーススパゲティ
トマトソーススパゲティ。
まぁ王道ですね。もうちょっとスープっぽくしてもいいです。

ミネストローネ
ミネストローネ。王道です。
玉葱をよぉーく炒めt(ry

新玉葱の酢もの
これは新作。今回神戸の伯母から教えてもらいました。
(新)玉葱を薄切りにし、寿司酢で漬けます。刻み昆布も入れるとおいしいです。
数時間後から食べられます。日持ちは冷蔵庫で一週間ほど。

ピーマンのおひたし
ピーマンのおひたし。ゲスト出演(笑)
かるく茹でて好みの方法で食べるだけ。茹でると苦みも減るので食べやすいです。
じゃこと胡麻を煎ってゆずぽんでいただきました。香ばしい組み合わせ。

  • Posted at 23:04 on May 31, 2008
  • | (Closed)

dancyu 7月号 カレー&ビール特集

先日カレーを作りましたが、その翌日買い物帰りに本屋に立ち寄ると、なんとdancyuの最新号がカレー特集。

ビビりましたね。
これはもう、「カレーを作りなさい。そして極めなさい。」という天命で御座いましょう。
副特集のビールも幸せな記事ですよ。「焼き枝豆」はやってみようと思います。

g20060624.jpg
dancyu 7月号、860YENです。

  • Posted at 19:17 on Jun 24, 2006
  • | (Closed)

カレー&餃子(基本Ver.)

しばらく家事全般を担うことになり忙しい毎日です。
最近はずっと5時半か6時に起きていたのですが、早朝ジョギングもできなくなってしまいました。W杯も一試合目の前半を観るのがいっぱいいっぱい。オーノー。

20060619_1.jpg
地味な絵ですが昨日はカレー。
昼間っから夕食に向けてたまねぎ(+にんにく)を炒めはじめます。(と言っても焦げない程度の火で放置。)淡路島から取り寄せた大きな新たまねぎ4つを炒めるもドロドロになるとちょうどいい量のベースができます。(4人分)

ちなみにうちには圧力鍋という物理学的調理器具はありません。
そういえば圧力鍋は調理が早いと言いますが、それは直接の加圧力によるものではなく、気圧が上がることによって水の沸点が上がるため、より高温の状態で加熱することができるためです。(と、どこかで読んだ記憶が…。)
富士山など高山(高地=気圧低い)と、お湯が100度までいきませんよね。そこまで上がらずに沸騰してしまいます。ですから高山での沸騰したお湯は地上でのそれよりぬるいのです。
圧力鍋はその逆を実現しているという。

話がずれましたが、そういうわけで普通の鍋でひたすら炒めます。
以前HALさんがカレーはトマトスープの翌日に作るとビューティフル、とおっしゃっていたのでホールトマトを使いました。(むっちゃ端折ってますがな)
ほかに牛肉・セロリ・人参・じゃがいも・マッシュルーム等、標準カレー具。(家族に定番以外楽しめない人がいるので。)

スパイスは市販のブーケガルニとガラムマサラ、カレー粉。スパイシィでうまかったです。カレーはもっと研究したい。極めたいですな。

20060619_2.jpg
そして今日は餃子。
キャベツをかるく茹で、みじん切りにして水気をしぼります。キャベツのうまみが出てしまう気がするけどどうなんだろう。
それに豚赤身挽肉、ニラのみじん切り。にんにくとしょうがをすりおろします。しょうがは多い目でOK。
そこに醤油・酒・砂糖・塩・コショウ・胡麻油・片栗粉を入れよく混ぜ少し寝かせます。
あとは皮に包んで焼くだけ。焼き方のコツは大塚さんのを参考にさせていただきました。素晴らしぃー。そしてうまかった! Bill Evans聴きながら作りました。

奥に写ってるのは大根と人参のピリ辛浅漬け。昆布の細切りを入れるのを忘れました。orz
千切りにして塩と豆板醤で合え、しばらく置きます。かるく搾って水気を取るだけ。
即席キムチを作りたかったけどあれはどうすればいいんだろう。

20060619_3.jpg
こちらは今日のスーごはん。サツマイモごはん。
早朝にKeith Jarrettとか聴きながら作ってます。気分いいです。
いやいやそれにしてもやることがいっぱい。これを毎日こなしてる一人暮らしの人偉い。超偉い。

20060619_4.jpg
このバッグに長葱やらニラやらフランスパンやら突っ込む日がくるとは。
昔の映画みたいに茶色い紙袋にパンとか缶詰とか果物詰め込んで買い物したいなぁ。魔女宅のキキもそうでした。あこがれ。