Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
Museum : SITE-ICHIJO. NET/BLOG 跡地

「レーピン展」が観たい

  • Posted at 21:53 on Aug 22, 2012
  • | (Closed)

モネとジヴェルニーの画家たち 20101207-20110217

モネとジヴェルニーの画家たち
「モネとジヴェルニーの画家たち」展。

「モネとジヴェルニーの画家たち」公式特設サイト – Bunkamura

会期は明日2010年12月7日(tue)から2011年2月17日(thu)まで。
会場は東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム。


大きな地図で見る

観に行きたいんだけど、モネは人気だから絶対混むだろうなあ、と。モネの絵こそじっくり静かに観たいんだけども。美術館の難しいところですね。

モーリス・ユトリロ展 -パリを愛した孤独な画家- 7月4日まで

教会、クレミュー(イゼール県)
教会、クレミュー(イゼール県) 1934年、油彩/カンヴァス

東京は新宿、損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の「モーリス・ユトリロ展」(フレーム内の個別ページはこちら。終了後も閲覧可能。)を観てきました。

漆喰などを混ぜた「白」が印象的な画家と知られ、いわゆる「白の時代」と呼ばれる期間の作品は評価が高いようです。その後「色彩の時代」と続くのですが、「ユトリロは白の時代」という評が通説のようですね。
しかしながら、ユトリロの人生は孤独と不自由の連続だったようです。アルコール依存症の対症療法として絵を描くことを勧められ、その後は監禁されての制作生活、それも「売れる」と分かってからは家族(親、妻)に無理矢理生活費を稼がされるための。
彼の絵はどんよりとした空、街並みのものが多いです。でもそれも彼の目から見たら格子の内側から思い描いた自由の世界だったのでしょう。

上に掲載した絵は、この展覧会で私が一番気に入った絵です。物販コーナーでこの絵の絵葉書を買ってスキャンしたもの。
この絵は上述の「白の時代」のものではありません。でも家々の壁の白、そして手前の幹の生き生きとした表情が「白」のユトリロと「色彩」のユトリロの集約であるように感じられて、一通り観たあとこの絵に戻ってしばらくとどまっていました。
あらゆる意味で囚われていたユトリロ。彼は絵を描くのが好きだったのでしょうか? 描きたいから描いた絵はあったのでしょうか? それは分かりませんが、私はこの絵を見ていると、彼も美しい世界をカンヴァスの向こうに見ていたんだなあと感じられて、すこしほっとするのです。それがあるのとないのとでは、たぶん人生は全く違うものになると思うから。

新宿の空
新宿の空。

  • Posted at 22:33 on May 17, 2010
  • | (Closed)

大恐竜展 at 国立科学博物館

大恐竜展
東京は上野、国立科学博物館(通称・科博)にて開催中の大恐竜展に先々週行ってきました。期間は今月21日まで。
オフィシャルサイト 科博の特設サイト

連休中は避け、平日に行ったのですが大当たり。かなりのんびりと観ることができました。大型連休中はすごかったらしいです。もし可能なら平日中に行くのをおすすめします。じっくり観れないのは損だから。
またうれしいことに、館内もフラッシュをたかなければ撮影可です。一眼レフをお持ちならば、広角レンズがあると全体像が撮れていいですよ!

Read the rest of this entry »

  • Posted at 09:51 on Jun 02, 2009
  • | (Closed)

この絵、生きてる…

20070825_3.jpg
東京都現代美術館で開催中の「ジブリの絵職人 男鹿和雄展-トトロの森を描いた人。」に行ってきました。

すごいって。やばいよこれ。これは必見の展覧会です。
どれくらい必見かというと、J-WAVEのnavigator, アンドレア・ポンピリオさんなら紹介のとき勢い余って絶対舌噛むくらい。(関東の人にしかわからないですね、すいません。)

男鹿さんはかのジブリの背景専門のスタッフ。(今はジブリは退社、でもときどきスタッフとして参加。)
はっきり言って、彼の絵は生きてます。
9月いっぱい開催中なのでぜひ。
平日午後の新宿の歯医者帰りに行きましたが、モネ展のときのようにチケット購入してから入場まで待ち時間ありでした(10分)。おそらく休日はもっといくんじゃないかな。でもおすすめ!

20070825_4.jpg
かなりの量があります。で、どれも中身が濃いのでかなり鑑賞に体力つかいます。^^;
頭いっぱいおなかもいっぱい、できるなら2回くらいに分けて鑑賞できるといいですね。私自身、途中はやむなく飛ばしたし…。

20070825_5.jpg
東京都現代美術館、初めて行きました。
東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅 が最寄駅のようですが、少し歩きます。行きは案内が見やすく配置されてるんですが、帰りは普通に迷いました。
新しいとこ行くときはパンくず置いて歩かないとだめだね、こりゃ。(道が覚えられないというより、覚えようとしない。迷ったって歩きゃいいじゃん、というタイプ。^_^;)

  • Posted at 22:04 on Aug 25, 2007
  • | (Closed)