Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/site-ichijo/www/si.1dhcuttqmvpl3ic/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
Websites : SITE-ICHIJO. NET/BLOG 跡地

Surface Type Cover 2 英語配列版を購入、Caps / Ctrl 入れ替え

Type Cover 2 Cyan (US)

Surface 2 を購入後、愛用していますが唯一の気がかりがキーボードでした。Office が標準でついているので試してみたところ、調子が良かったので物書きにもいいなと思ったのですが、いかんせんソフトウェアキーボードは画面の半分が隠れるので Twitter 投稿や検索などならいいものの、文章を書く気にはなれません。気だけの問題ではなく実用上不適格です。

それで欲しいのが今回新たにされた Type Cover なのですが(初代とはカラー展開などが Touch Cover と逆になり Type Cover のほうが主力になった感じ)、なんと日本では日本語配列版しか手に入りません。私が見た反応の中では「英語配列版を買えれば即決」というのもあったので、このキーボード配列の問題で躓いている Surface 予備軍はそこそこいるんじゃないかと思えます。まぁ USB ポートがあるので好きなキーボードが使えるのですが、せっかくだもの。ねえ?
英語配列に普段慣れている人間に日本語配列キーボードを使えというのは酷です。私ならチラシの裏に、折れた芯をそっと差し込んだグラグラの鉛筆(しかも3センチくらいでもう削れない)で書く方がマシです。この点、マイクロソフト日本には是非とも検討していただきたい!

それで仕方なく英語配列版を色々探したのですが、結論として日本国内のショップから入手するのは非現実的ということになり、個人輸入することにしました。
そこで新たな問題が。海外のストアで日本へ発送してくれるところが実にないんですね。ファッション関係では以前紹介した ASOS などは日本へも送ってくれるグレートなサイトなのですが、少なくとも Type Cover 2 を扱っているようなお店で日本発送を行っているところは見つけられませんでした。

Read the rest of this entry »

  • Posted at 22:00 on Nov 19, 2013
  • | 1 Comment

無印良品の花通販がかなり良い

ガーベラ シーム
先日、無印良品のメルマガにてオンラインストアで花や観葉植物の取り扱いを開始した報を目にしました。

Flower MUJI スタートキャンペーン | 無印良品ネットストア[muji.net]
生花 | 無印良品ネットストア[muji.net]

そこで覗いてみるとこれが結構良さげ。花の通販をされたことのある方は「めちゃくちゃ高い」という印象があると思います[ 1 ]。ところがこの無印良品の花はかなりお手頃価格。何よりカテゴリに「日常の花」というのがあるのがいいです。花の通販というと何でもかんでも「ギフト」扱いの雰囲気があるのが好きになれません。
4月9日まで10%引きになる良品週間と、取り扱い開始キャンペーンで1つからでも送料無料だというのでこれはとお試しでガーベラとバラを購入。発送日が異なっていたので図らずも日にちを空けて2度楽しめることに。

Read the rest of this entry »

  • Posted at 23:04 on Mar 30, 2013
  • | (Closed)

パソコン作業用眼鏡、JINS PC を買ってみた

パソコン作業用眼鏡、JINS PC
最近電車の広告などで、パソコンのモニタディスプレイから発せられる「ブルーライト」なるものを防ぐ、パソコン作業用の眼鏡を目にすることが増えてきました。
見たことがあるのは「JINS」という眼鏡ショップのもの。名前だけは聞いたことがありましたが、普段サングラス以外眼鏡と縁のない自分にはよく分からず。

それが先日、チェックしているスラドにてこんな記事が。

ハッカー用メガネ「JINS PC for HACKERS」 | スラッシュドット・ジャパン idle[slashdot.jp]

これには胸躍りました。欲しい…!
広告を目にしていたときは「ブルーライトなんてほんとかよ」と気にも留めていなかったのですが、これを機に「JINS PC」なるものをちょっと見てみるとこれがなかなか評判が良さそう。私も四六時中パソコンに向かい合っているような人種なので目の疲れは実感しているものがあります。それで試しに使ってみよう、と思った次第。

ブルーライトから目を守るならJINSのPCメガネ | JINS PCR[jins-jp.com]

前述の「JINS PC for HACKERS」とは別に通常の眼鏡タイプも欲しかったのでまずはそちらを買ってみました。それがこれ。

眼鏡(メガネ・めがね)通販 – JINS | 【New Air frame】MEN ウエリントン メガネ MTR-12S-006 05[jins-jp.com]

鼻パッド部分
蔓
視界にフレームが入ると邪魔に感じそうだったので大きめを。色は好みの赤系で。

眼鏡の買い方もよく分かっていなかったのですが、簡単に言えば「フレーム」と「レンズ」と別々にあって、それぞれ好みのものを(レンズの場合は必要なスペックのものを)組み合わせて眼鏡として完成させるみたいですね。
まず好きなフレームを見つけてから、必要なレンズを選択します。注文画面で選択していくだけ。私は特に目が悪いわけではないので「度なし」の「JINS PC ライトブラウンレンズ」。
フレームが 5,990 円、レンズが 3,990 円で計 9,980 円でした。

JINS PC 用のレンズにはライトブラウンとクリアの2種類があるのですが、効果だけを見ればライトブラウンの方が優れています。

JINS PCRレンズ – 機能性アイウエア | JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)[jins-jp.com]

色作業をするならクリアがいいでしょうが、とりあえず最初は「見せてもらおうか、『JINS PC』の性能とやらを!」というわけでライトブラウンを。

着けている分にはあまり色つきは気にならない
ライトブラウンレンズでも着けている分にはあまり色つきは気にならないです。

実際にパソコンに向かうとはっきり違う
ただし実際にパソコンに向かうとはっきり違います。コーディングやイラレでの線画ならいいですが、やはり色作業には向きません。色作業用には「クリアレンズ」をおすすめします。


コンパクトな梱包
こちらが配達された箱。コンパクトな梱包でした(比較で置いてあるのは通常の CD ケース)。

注文してから6日での配達でした。

開けるとまずは書類の封筒
箱を開けるとまずは納品書や保証書の入った書類の封筒。「おっ!」と思いました。洒落てていいですね。

その下に眼鏡
その下に眼鏡。
シンプルながらも気の利いた梱包でうまいなーと思いました。

ケースは4色から選べる
ケースは4色から選べます。私は茶を選択。

メガネケースについて | ご利用ガイド | JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)[jins-jp.com]

コンパクトな直方体でかっこいい
コンパクトな直方体でかっこいいです。表側には「JINS」と銘打ってないのもすっきりしてて好印象。

JINS、初めて利用してみましたがとても洗練されている印象を受けました。サイトの注文ステップも非常に分かりやすい。


そして肝心の「JINS PC」の効果ですが、まだ半日も使っていないのでほんとのファースト・インプレッションになりますが、いつもなら画面を凝視した後にくる、眼球を搾られるような痛み、疲れは来ていません。思い込みもあるかもしれませんが、少なくとも着けていての不都合はないですね。ちょっとこのまま使い続けてみることにします。これで目が悪くない君も今日から眼鏡っ娘だ!

あときっかけとなった「JINS PC for HACKERS」ですがこの調子なら欲しいです。限定なので買えるか分かりませんが、予約してみようかと。

  • Posted at 20:24 on Jul 01, 2012
  • | (Closed)

日常に一輪の微笑みを

はなてがみ
一輪の花を郵便で贈るサーヴィス、「はなてがみ」。
今年Twitterで知った花屋さんのウェブ注文型サーヴィスなのですが、これが実に使いやすく、粋なてがみなのでご紹介。

一輪郵便「はなてがみ」 – はなささら

簡単に説明すると、5種類の花が用意されているので、花を選んで送り先と送り主の情報、カードに記載するメッセージを記入して注文するだけ。
支払いはクレジットカード払いか銀行/郵便振込。私はクレジットカードで払っています。決済会社はPaypal(Paypalアカウントは必要なし)。
そうするとはなささらさんが用意して発送してくれるわけです。値段は送料込みで780円一律。
とにかく悩む間がないんですね。これがいい。これが仮に花によって値段違ったら悩んじゃいますが、単純に花を選ぶだけなのでこれはいいです。(私はよく利用するのが分かったので割安なプリペイドを買いました。)

今まで自分に送った花をば。冒頭に載せたのは「スプレーマム」という菊。

サンダーソニア
これは「サンダーソニア」という釣り鐘のようなユリ科の花。超かっこいい。一目惚れ。
サンダーソニア
色とフォルムがなんとも言えません。あと葉と茎もすらっとしてて美しかったです。

アメリルージュ
これは「アメリルージュ」。スプレーマムと同じく菊ですね。
どうやら「アメリ」という主題の映画に由来しているそうです。(cf. Wikipedia / Google Image
なんか画像を見た限りではツボなんですが。観てみようかな。
アメリルージュ、いい色です。こういう深い赤ってたまらなく好きです。

さて、この「はなてがみ」ですがいろいろな利用の仕方があります。
私自身が利用して「これはいい」と思った送り方をご紹介。

  1. お見舞い
    この手軽さは「思い立った瞬間」に贈るのに最適なので、お見舞いに向いてると思います。
    実際、風邪引いた友人に贈ったところ、届いたときには治ってたというオチがありましたがそれもご愛敬(笑)。喜ばれると思います。
    # ただ仮に相手が「一人暮らし」の場合は寝込んでたらポスト見ない可能性があるので
    # 一言「ポスト見てね」と伝えておいた方がいいかな?
  2. 礼状
    一言お礼を言いたいときにも向いてると思います。礼状だけでもいいですが、「はなてがみ」だとまたいい感じです。
    HALさんにも先日贈りました。喜んでいただけましたよ。
  3. 自分へのリマインダ、労い
    ポイントは「注文してから届くのにタイムラグ(2~3日、休日を挟むかどうかも影響する)がある」という点です。これを逆手に利用すると自分への絶好のタイミングで届くリマインダになります。
    「○○日までに△△する」と予定があった場合、その直前に届くように自分へ送ると「△△やったかい?」と来るわけです。もう「俺様グッジョブ!!」っていう感じ。
    あとは普通に山場を超えたあたりに届くように「おつかれ」メッセージを添えてもいい感じです。

自分へ向けて送るのもとてもいい
こんな感じで届くわけですね。「カレンダー」というのは、私は毎月末にカレンダーを作って公開しているのでそれに合わせたメッセージです。

あと最後にティップス。花は一週間に3回更新されます。月曜・水曜・金曜の午後(だいたい昼下がりが多い模様)です。発送は平日の朝のみ。金曜の朝の発送以降は月曜日発送になります。
日付に余裕があってできるだけ新鮮な花を贈りたい場合は、月曜と水曜に更新されたあとのタイミングで注文するといいと思います。そうすると種類も売り切れがなく、鮮度的にも申し分なしです。

自分向けに買うことだけを考えれば、花屋さんで買えばいいわけです。例えばときどき買うAoyamaFlowerMarketだとかっこいい小さな花束が約370円くらいで買えます。(青山フラワーマーケットは高いですけどね(笑)。でも花持ちはいいです。)
だけど「あ、」と思い立ったときに数日後の自分へ向けて送ることにはまた違った魅力があります。
どちらもいい感じ。日常に一輪の微笑みを。

僕が Amazon.co.jp を使わなくなった理由。

“脱アマゾン”を目指して
“脱アマゾン”を目指して。

Amazon.co.jp。今や泣く子も黙る総合ショッピングサイト。「ネット書店」として日本でも2000年11月1日にサーヴィス開始してから早10年が経ち、その取扱商品たるやデパートもびっくりです。

Amazon.co.jp: Amazon.co.jp 10年の軌跡[amazon.co.jp]

私も開始当初より利用しているのでアマゾンで累計どれくらい購入したか分かりません。アカウントを変えていないので遡れば明らかになるはずですが、ちょっと怖くて知りたくないですね。^^;
控えめに言っても「ヘヴィユーザ」の域を出ないのは確かでしょう。それぐらいよく使っていました。

そんな私ですが、去年あたりから大きな買い物(例えば数万円するようなもの)はできるだけアマゾン以外で買うことにしました。
それから日が経ち、今年の半ばからはほとんどをアマゾン以外のサイトで買うようにし、アマゾンで予約していた商品はキャンセルという処置を繰り返し、今ではアマゾンで注文しているものはありません。

なぜか?

ご存じの方もおられるかもしれませんが、私たちが普段購入している「アマゾン」、つまり Amazon.com の日本法人、アマゾンジャパンは日本に税金を払っていません。正確に言えば、「法人税」を払っていません。(消費税は払っているはずです。)
知らない方はこれを聞いて「そんな馬鹿な」と思われることでしょう。でも本当です。少なくとも2010年10月11日現在においては。

Read the rest of this entry »